2016.4. 5
「社長になりたい症候群」(2016.04.05)

「○○さんは、最終的にはどんなご自身の姿をイメージして、
 毎日のお仕事に臨まれているんでしょうか」
「そうですね...やっぱり社長かな。社長になりたいです」

この質問に対する答えとして、良く伺う答えです。
あるとき「課長になりたい」という方もいて、
そのときは思わず聞き返しましたが、
ともかく、この答えを伺うことはしばしばあります。

最初の頃は、なんでかなと思いました。
社長というのは、あくまで単なるポジションで、
社長になる=何かを実現するための手段でしかありません。

「では、社長になって何をなさりたいんですか」
というのが次の質問になるのですが、
残念ながらあまり具体的な回答がないことも多いです。
とにかく、社長になりたい。

実現したいことがないのに社長になっても、
おそらくその重責と孤独と面倒には耐えられないでしょう。
何名もの社長さんにお目にかかる機会もありましたが、
たぶん、社長は楽しくない仕事なのです。

誰からも指示されず、やりたいことができる、
というとらえ方もありますが、それは則ち、
どんな内容であっても、自分が最終判断の責任を負い、
一方で実際の仕事は、すべて現場のメンバーに任せ、
自分自身は、その強大な決裁権のために事務仕事に追われます。

それでも、社長をずっとやっている人というのは、
会社を切り盛りするのが好きな根っからの商売人か、
やはり自分の仕事に何らかのプライドや誇りがあり、
実現したいものを持っている方に他なりません。
だから素晴らしい社長には大きなオーラがあるのです。

ただ、日本の職業教育を考えてみると、
こうしたアイディアになるのもうなずける気がします。
日本ではエリートの就く職業が、医者等に固定化していまい、
大半はサラリーマンになり、そして出世することを期待されます。

そこには「何かを実現したい」という動機が薄い。
自分がやりたいもの、なりたいものを若いときから追求しないと、
いきなり「夢を持て」と言われても、なかなか難しい話です。

それに、少なくとも向上心は認められるわけですし、
どうせなら「課長」よりは「社長」を目指してほしいので、
この回答を頂いても、私個人は別に違和感を憶えなくなりました。

ただ、この時のアドバイスとしては、
これまでもお伝えしてきたことですが、
「何かを実現したい」という意欲がないと、
人は努力を続けられず、なかなか成長しないものです。

まして社長という重責を続けていくには、
やはりそれに相応しい動機づけがないと、
出世の結果としての「上がり」ではないので、
結果もついてこないし、続けられないと思います。
いま、自分が本当にやりたいこと、一度考えてみませんか、
という話をさせて頂くことが多いと思います。

確かに、社長になれば、インパクトの大きな仕事もできて、
自分に口出しする人の数は、だいぶ減ってはくるでしょう。
だからこそ、順調な出世はもちろん喜ばしいことなので、
そうした経験の中で、自分自身の動機を世の中に捜しながら、
お仕事を続けていただければと願っています。