2016.3. 8
「就活」を始めた皆さんへ(2016.3.8.)

3月に入り、いよいよ新卒の就職活動が本格化してきました。

弊社は中途採用市場がターゲットではありますが、
キャリアトータルを考えるときの相談相手という立場から、
新卒の皆さんに向けて、メッセージをまとめてみました。
テクニカルな新卒向けの話はありませんが、
内容としては新卒以外の方も含めて、心の片隅に、
少しでも入れて頂ければと考えています。

まず、エントリーシートにせよ、どんな面接にせよ、
自分が本当に書きたいこと、思ったことを伝えてください。

間違えてしまいがちなのは、就職活動を、
受験も同じような勝ち負けで考えてしまうことです。

新卒の皆さん、ここから先に勝ち負けはありません。
必要なのは、自分が何を大切に生きていくのか、
そのために何をしていくのか、というポリシーだけです。

たくさん内定をもらっても、有名企業に受かっても、
それ自体は、あなたに何にも保証してくれません。
まして入れる会社は1つです。
「就活」は競争ではなく、あくまで通過点であって、
「いい会社に入ったからOK」で終わりにはなりません。

会社は、とりわけ大きな会社の場合は特に、
会社にとって「扱いやすい人材」を求めています。
そして会社にとって都合良く、皆さんのことを扱います。
ビジネスですから、それは当然のことです。

単純に「いい会社」という理由だけで入社すると、
次第に「うまく使われる」ことに順応してしまい、
人はいつのまにか「自分らしさ」を見失ってしまいます。

すると、気がついたときには、その会社から出られなくなっているのです。
だから、どんな大きな企業でも傾いてしまったときには、
「社畜」と言われようが何だろうが、しがみつくしかない。

なぜなら、どんな会社でも「うまく使われる人」は沢山います。
そんな人を、よそから採用する理由はありません。
社会人になった後、いろんな会社で必要とされる人は、
「自分にしかできないこと」がある人です。
「自分で何とかできる人」でもあります。

だから、就職活動でも、いろんな意見にとらわれず、
最初から本当の自分らしさをずっと追求してください。
自分にしかできないことが何かを、きちんと伝えて、
それを受け止めて、採用してくれる会社を捜してください。

その伝え方や、捜し方を、きちんと磨くことは大切でしょう。
しかしテクニカルに「内定」だけを目指して、
あれこれそれっぽいことを並べてしまってはダメです。
「自分」で勝負することを投げ出したら、
未来は永遠に見えなくなってしまいます。

そして何よりも大切なことは、できるだけ早く、
「自分にしかできないこと」を見つけることです。
いまはまだそうでなくても、「いつか自分が得意になること」を、
一生懸命に捜して、それを磨くべく毎日の仕事に取り組んでみてください。

きっと周囲から評価されるビジネスパーソンになれるでしょうし、
何よりも、働いていて自分が楽しいと思えるようになるはずです。
30歳まではそうやって自分を磨いて、磨いて、やり尽くしたら、
そのときは、自信を持って弊社までお越しください。
皆さんと逢える日を、心から楽しみにしております。